カテゴリ:life( 141 )

Paul McCartney

21日に待ちに待ったポール・マッカートニーのライブに行ってきました。
友達から「ポールのライブ行く?」と連絡があったのが今年の初め。
もちろん行きたい!と返事をしたところ、チケットも運良くゲットでき、
その日を楽しみに指折り数えてきました。

京セラドームには早めに行ったのですが、
もうすでにグッズ売り場は長蛇の列で並ぶのはあきらめました。
だだっ広い会場に、どんどんと人が埋まり、曲が流れだすとテンションMAX!
6時半開演のところ、ポールが登場したのは7時を回っていましたが72歳のポールはパワフル。
ユーモアのある日本語を交えながら37曲を歌い上げました。
そのうち半分ほどがビートルズナンバー。懐かしい~~。

中学校の時、放送部だったのですが、昼食時間に好きな曲をかけていました。
先輩や同期達はクラッシクやおだやかな曲だったのですが私は一度「Help」をチョイス。
あとで先生方から「食べたもんが落ち着かへんがな。。」と軽いお叱りを。。
いやいや先生達もまんだらでは無かったはず。笑

楽しい時間はあっという間でしたが、1曲1曲堪能してまいりました。

c0119258_14591624.jpg

c0119258_14593087.jpg

c0119258_14594520.jpg

[PR]
by bau-antiques | 2015-04-23 15:02 | life

オータムフェスティバル終了、ありがとうございました。

紅葉の盛り、お天気にも恵まれた3日間のオータムフェスティバル、
無事に終了し、心地良い疲れに浸っています。

幸運なことに歴史のある古民家のこれまた稀なレンガ通路という空間に
バウのアンティークをとお誘いいただきの初参加でした。
表情のあるレンガの空間に予想以上に古物がしっとりと馴染み
よりそれぞれがキラキラと輝いていたように自画自賛しています。

アンティークだけのイベントはお客様もアンティーク好きな方ばかりなので
商品の知識やお値段などもよくご存じなのですが、今回のイベントはそうではありません。
多少の不安もありましたが、とにかく知っていただこうと思っていました。
例えば、フランスのホーローの入れ子式のキャニスターセット。
こういう物さえ初めて見られる方が多いので、これが砂糖入れでこれが小麦粉入れでというお話からチコリの根はコーヒーの代用品だったんですよというところまで。お客様の反応も楽しませていただきました。

本当に沢山の方々にお越しいただき、アンティークを見ていただきました。
FBのお友達、出店者の方、いつもお店に来てくださるお客様や阪神方面からのお客様、久しぶりにお会いでき元気な姿が嬉しかったお客様。中には、シャンソンを聞かせてくださったり、昔話を聞かせてくださったり。

持っていったアンティークの中で一番質問が多かったのはホースブラスでした。皆さん、栓抜き?と必ず言われ、その度に馬の飾りですと。
それでも首を傾げる方が多いので、実際に馬に飾った時の画像をスマホで見せる始末^^

画像の高校生は、私が席を離して戻ると、プチポワンの椅子に座ってそれぞれに記念撮影。それならせっかくだからとツーショットでパチリ。
実店舗では味わえない楽しい3日間でした。
お越しくださった全ての方々、お声をかけてくださったカフェギャラリー結さん、快く協力してくれる家族、本当にありがとうございました。
c0119258_10271946.jpg

[PR]
by bau-antiques | 2014-11-25 10:29 | life

お久しぶりです。

先週買付けから戻り、いつもの日常に戻っています。
今週木曜日19日には更新を予定しておりますので、商品撮影の毎日です。

今回の買付けでも色々と探してまいりました。楽しみにしていてくださいね。

c0119258_1938235.jpg

[PR]
by bau-antiques | 2014-06-15 19:38 | life

お久しぶりでございます^^

おはようございます。ほったらかしのブログでございました。
秋をゆるりと楽しむ間もなく、冬がやってきました。
北海道や東北では雪が積もったとか。我が家も今日は灯油を買い足しに。

10月買付け商品のご予約やお問い合せも沢山いただきましてありがとうございました。
なかなか写真だけでは、質感やサイズ、状態など判りにくいと思いますので
届きましたら、どんどんとご紹介していきたいと思います。

ただいま、荷物が届くまでにある事の作業を日々進めています。
パソコンとにらめっこで、肩こりこりでございます。
それと、お店の中のお化粧直しもしなければ。。
そんな毎日です。
寒くなってまいりましたので、皆様もどうぞご自愛くださいね♪
[PR]
by bau-antiques | 2013-11-14 09:23 | life

「Come Home HOUSING」

c0119258_1024131.jpg


主婦と生活社 私のカントリー別冊「Come Home HOUSING」に弊社が設計施工させていただいた
お客様の家が掲載されました。「間取り」と「収納計画」がテーマです。

とても良い記念と励みになりました。
また書店で見つけてくださいね。
[PR]
by bau-antiques | 2013-10-20 10:23 | life

我が家の改装

ドアの飾り枠が付いたのでビフォーアフターの画像を。
枠が新しく真っ白なので、なんだかアンティークのドアが薄汚れて見えますが、
月日が経てば馴染んでくるのかなぁと思います。
c0119258_13413792.jpg

元キッチンだった所をリビングにする為に床貼りが始まりました。
むかーし、10年前に訪れたパリのルーブル美術館の床があまりにも素敵だったので
画像に収めていました。ルーブルは他にも色んな貼り方の床がありますが
このヘリンボーンは圧巻で感動したのを覚えています。
これだけの広さと長さがあるからこそ素晴らしいのでしょうね。

ルーブルとものとは比べ物はなりませんが、我が家のリビングもヘリンボーンに。
さて、今日はどれだけ進んでるかな。
c0119258_1342745.jpg

[PR]
by bau-antiques | 2013-09-16 13:46 | life

我が家の改装

元キッチン、これからリビングの現状。
流し台を外し、壁のタイルを落としと、旦那がこつこつと解体しています。
25年使ったキッチンはかなり傷んでいました。
壁は漆喰で腰壁を付け、床はピアノを置くのでその部分を補強し、ヘリンボーン張りに替えます。
300キロのピアノ、無事に上がるかな。

c0119258_15482572.jpg

[PR]
by bau-antiques | 2013-09-08 15:54 | life

我が家の改装

我が家の改装も大詰め。
シューズクロークを増やしたり、サニタリーの洗面台の造作や扉付き収納庫などが同時進行。
下駄箱は今までも結構の大容量なのがあるのですが、それに1つプラスします。
女3人分のブーツの量も多いので、一番下の段をそれ用に高くしてもらいました。
また画像アップしたいと思います。

そしていよいよ私が一番楽しみにしている場所。
キッチンだったところをリビングにする工事にもうすぐかかります。
住みながらの改装はなかなか不便ですが、涼しくなったので一気に進まないかなと期待してます^^

イギリスで買ってきたコンセントをIHから分岐。
キッチンカウンターの下側に、あえて逆さまに取り付けてます。
同じくイギリスのスーパーで買った電気ケトル。沸かす間、青く光りますー。
すぐ沸くので便利ですね♪
c0119258_12555371.jpg

[PR]
by bau-antiques | 2013-09-05 12:56 | life

我が家の改装

南のウッドデッキが出来上がりました。
デッキを作る場所の形は、ちょうど木琴のような台形なので板すべての長さが違います。
まず、1本づつ置いて長さを合わせるところから。庭の木を2本残したので、その部分も。笑

木材はウリンを使用。長さを合わせたら、全ての板の面にキシラデコール塗装を。
この暑さですぐに乾いて良いのですが、とにかく暑い、熱い。
作業中の背中も。日が当たる板も。
後はビス止めで完了。旦那、婿殿、お疲れ様!

しかし、まだもう一箇所残っているのだ^^
浴室南の坪庭にもデッキを作ります。
お風呂あがりにそのまま出て、真っ裸で涼めるデッキです。夏は孫のプール遊び場に。
c0119258_119691.jpg


キッチンのエアコンは天井埋込にしました。
光を入れる為に南側の天井にラグラーチェを施工したので換気扇のダクトはむき出しに。
吸排気2本の見せるスパイダルダクト、結構気に入っています。

今日は、洗面所に取りかかっているよう。帰って見るのが楽しみです。
c0119258_1192997.jpg

[PR]
by bau-antiques | 2013-08-21 11:12 | life

内田恭子さん、デクパージュ作品展に行ってきました。

8月折り返しの今日、楽しみにしていた内田恭子さんの
デクパージュ作品展にお邪魔してきました。
内田さんとは、お互いイギリス好きという事、そしてパイバードがご縁。
その後、同じ高校ということも発覚。

作品展のテーマは、「野ばらの村に憧れて」
イギリスの絵本「のばらの村のものがたり」(BRAMBLY HEDGE)と
「フラワーフェアリーズ」をモチーフにした作品がずらり。
恭子さんに作品が出来上がるまでの工程をお聞きしましたが
それはそれは気が遠くなるほどの細かくて根気の要る作業。圧巻でした!
恭子さんの作品の中に、イギリスの田舎で暮らすねずみ達の暮らしが
微笑ましく生き生きと表現されていました。
そこには、パインの家具やアンティークチェア、キッチン道具がいっぱい。
あーこんな暮らしがしたい。ねずみさんになりたい。笑
c0119258_2041326.jpg

c0119258_20411947.jpg


そし楽しみのティータイム。
海の見える席で優雅にいただきました。あ~現実に戻りなくないよー。

・アップルおばさんのできたてケーキ
・のばらの村の台所のメレンゲ
・ソルトアップル家へのおみやげ イチゴゼリー
c0119258_20385822.jpg

[PR]
by bau-antiques | 2013-08-16 20:43 | life


アンティーク屋の日々云々


by baumika

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

antiques
life
trip
information

記事ランキング

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...





- Our Shop -
bau antiques

兵庫県たつの市龍野町
富永300-39
tel: 0791-64-0560
open: 10:00~17:00
営業日:第1第3の土日
(2015年2月よりしばらくの間)

最新の記事

弊社ヤフーショッピングサイト..
at 2017-07-27 15:17
わたくしたちの旅のかたち
at 2017-06-23 13:00
リリパットレーンのミニチュア..
at 2017-05-21 21:50
at 2017-04-11 14:58
最近のこと。
at 2017-03-23 17:05

ブログジャンル

雑貨
コレクション

お気に入りブログ

外部リンク

Twitter

検索